「老い先短い年寄りに冥土の土産の思い出すら作らせてくれない」死ぬ死ぬ詐欺で泣いて我儘を通そうとする大トメに同居を迫られたんだが…

mdddig

550: 名無しさん@HOME 2011/11/12(土) 16:36:26.55 0

うちのコトメの武勇伝も聞いてほしい。
うちにひとりめを授かった報告をしに義実家に行ったときの話なんだけど
義実家はウトメとコトメ(夫妹)と大トメ(ウト母)の4人家族。
ウトメもかなりの良なんだが、大トメは
夫が結婚の話をしたころから死ぬ死ぬ詐欺が酷く
泣き落としでワガママを通そうとするんだ。
ウトメもその都度窘めてるんだけど治らない。
その大トメが同居を迫ってきた。
理由はもちろん「ひ孫と暮らしたい」。
私はもちろん、夫もウトメも大反対。
今のままでいい関係なんだからわざわざ揉め事になりそうな
ことはしたくないと、特にトメが大反対したんだけど、
大トメは「老い先短い年寄りに冥土の土産の思い出すら作らせてくれない」と
大泣きに泣いて、こうなるともうトメは流石に手が付けられない。
そこにコトメがやってきて事情をきいたら爆笑しながら
「ありえねぇwwwばーちゃん図々しいwwww
っつーかばーちゃんはひ孫と暮らせて幸せでしたって
10年くらいで死ねば済むけど、嫁ちゃんはあと50年くらい生きるから!ww
50年間忌々しい記憶になるからwwwwwありえねぇwww」
とまくしたてて、大トメに「ばーちゃん孫夫婦に
精神的な負の遺産背負い込ませたいわけ?」
このセリフが決定打になり同居はなくなりました。
義実家とは今でもいい関係で
あれから7年経ちますが大トメは元気ですwwwww


続きを読む

Source: 衝撃体験!アンビリバボー|浮気・不倫・修羅場・離婚