平昌閉会式の直前に『北朝鮮が韓国の立場を追い詰めまくる』凄まじい状況に。米国を露骨に挑発している

1:たんぽぽ ★:2018/02/25(日) 11:10:14.62 ID:CAP_USER

北朝鮮の金英哲(キムヨンチョル)朝鮮労働党副委員長ら高位級代表団が25日午前、陸路で韓国を訪れた。27日まで滞在し、25日夜に開かれる平昌冬季五輪の閉会式に出席するほか、文在寅(ムンジェイン)韓国大統領や情報機関の徐薫(ソフン)国家情報院長とも会談する見通しだ。

 金氏は南北関係を統括する党統一戦線部長を務める。工作機関の軍偵察総局長時代の2010年3月に起きた韓国軍哨戒艦沈没事件に関与したとの指摘がある。韓国では事件の遺族や野党などが金氏の訪韓に強く反発している。

 一方、北朝鮮のアジア太平洋平和委員会は24日、ペンス米副大統領が金正恩(キムジョンウン)党委員長の実妹、金与正(キムヨジョン)氏を中傷したとして、米国とペンス氏を非難する報道官声明を発表した。朝鮮中央通信が25日、伝えた。

 声明は「われわれの最高尊厳と体制を冒瀆(ぼうとく)する者は誰であれ、どこに居ようと探し出して無慈悲に懲罰する」と強調。「ペンスのような人間のくずを従えるトランプ(米大統領)も知るべきだ」と訴え、「我々は米国との対話を哀願しない。米国は愚かな悪態の代価を支払う」と強調した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
https://www.asahi.com/articles/ASL2T3CPML2TUHBI00K.html

続きを読む

Source: U-1速報